交通安全ショートメッセージ入選作 | 山梨県交通安全協会

交通安全ショートメッセージ入選作

(一財)山梨県交通安全協会では、平成24年度交通安全啓発事業の一環として「交通事故ゼロを願う小、中・高校生からの心温まるメッセージ『愛・絆・思いやりのことば』」と題したショートメッセージを県内在住の小、中・高校生から募集致しました。 その結果、小学生の部にあっては、33校1,092点、中・高校生の部にあっては、併せて20校1,593点の中から厳選した結果、次の作品が入賞しました。

交通安全ショートメッセージ(小学生の部)

金賞

1 山梨大附属小学校 4年 伊藤 真心 横断中 止まってくれて 「ありがとう」 やさしいえ顔に
ぼくらもえ顔 ひとりひとりの思いやり

銀賞

1 御坂西小学校 5年 角田 稜拓 「止まるのよ」「気を付けて」毎朝母が僕に言う。分かっているから言わないで。分かっているけどありがとう
2 八田小学校 6年 清水 元輝 携帯を ふと見るうちに 100メートル

銅賞

1 睦合小学校 6年 望月 茅紗 車の中で、お父さんの運転見張ってる。
2 千塚小学校 6年 藤森 千晴 妹と歩道を歩く私。手をギュッとにぎりしめ内がわを歩かせる。姉だから守りたい。地球に生まれた小さな命。
3 一宮北小学校 5年 木村 菜々羽 自転車で「いってきます。」と出かける私に、「いってらっしゃい。」と見送るお母さん 交通マナーを守り無事に帰るのが、最高のプレゼント

佳作

1 春日居小学校 6年 河野 文哉 「急に加速しないでね」エコドライブで安全運転
2 玉諸小学校 5年 日原 彩結 早目のウィンカー事前に知らせ、相手への心づかいやさしさあふれる
3 明野小学校 6年 寺田 孝汰 スマホに携帯かけながら 車の運転危ないのに なぜ分からない大人たち
4 上野原小学校 6年 石井 穂実 「気を付けて」とび出すと、車や自転車にぶつかるよ。
みんなが笑顔でいるために交通ルールを守ろうね。
5 貢川小学校 4年 眞島 成留 父ちゃんへ はやく帰ってきてねとメールする。でもねあぶないからゆっくりでもいいんだよ はやくあいたいけどね 2つの思い

 

交通安全ショートメッセージ(中・高校生の部)

金賞

1 甲府第一高校 1年 堀内 愛美 携帯電話、普段はみんなをつなぐ魔法の道具、自転車運転中は事故につながる危険な道具

銀賞

1 甲府東高校 1年 古屋 有咲 小さい頃、歩道の内側を歩いていた。親からの優しさだったと、ふと気付く。今度は自分が。
2 東中学校 2年 相沢 朋花 大切な人はそれぞれだけど、大切に想う気持ちは一緒だから。もう一度、確認しよう、交通マナー。

銅賞

1 東中学校 1年 平井 大貴 ぼくは、私は、大丈夫。意識を変えて、ぼくが、私が、気をつけようへ。一人一人の意識が安全に繋がる。
2 南西中学校 2年 武井 仁 ピピピ、ピピピ、あれれ何かが鳴っている、ハンドル・携帯、大事はどっち?
3 甲府西高校 3年 梶原 二聖 あの角を曲がって姿が消える迄 見送る家族の眼差しは 祖母も母も受けたお守り 今日も明日も無事に帰るよ!

佳作

1 東中学校 1年 長田 栞奈 夕方の薄暗くなった時、自転車のライトを点灯しよう。
思っているより車には私の姿が見えていない。
2 富士学苑中学校 1年 山内 佳鈴 「気を付けよう!!」気持ちとベルトのしめわすれ!すこしの心のゆがみ、事故につながるよ。
3 農林高校 2年 相原 花鈴 横断歩道を一緒に渡る黄色い帽子 明日も一緒に渡ろうね!!
4 白根高校 3年 泉 ももこ 信号待ち、態度で分かるあなたの心。ゆとりを持って行動したら失う命きっと減るはず。
5 富士学苑高校 3年 古屋 海斗 そろそろチャイルドシートは恥ずかしい歳だよね それでも素直に座るから 「えらいえらい」と頭を撫でる

 

▲ページの先頭へ